直葬をする

少子高齢化、核家族化によって変わる生活スタイル

現代は少子高齢化現象が進み単身世帯や老人だけで生活している世帯、また子供がいない世帯などが増えてきて社会問題化しています。 地方へ行けばあまりの人の土地離れと、高齢化によりその地域での行事ができないという限界集落も多くなっています。一昔前、地域のほうでは人がなくなると隣近所協力して亡くなった人の葬儀をあげ冥福を祈ったものでした。 また最近では子供などの後継者がいても、自分が死んだ後に迷惑をかけたくないという理由で生前から自分の葬儀方法などを書き記したエンディングノートを作っている方もおり、いわゆる終活という考え方も一般的になってきました。 また葬儀にお金をかけたくないという人もいて直葬や家族葬を望まれる人も多くなってきました。自分が死んだときのセレモニーを自分で選ぶ時代に入りました。

経済的負担が少ない直葬

直葬は亡くなった後、火葬場へ遺体をうつしそこで火葬のみを執り行う葬式方法です。一般的に行う通夜や告別式を行わないので安い費用で葬儀を行うことができます。派手な葬儀を望まない人や経済的理由などで直葬を行う方が多くなってきています。これは上で言ったような、少子高齢化や後継者がいないなど社会的な要因も複雑に絡み合っているようです。 また葬儀社も直葬を取り扱う業者も増え、身寄りのない方の葬儀や高齢者だけの世帯などでその需要は高まってきています。今後人口が減っていくことが確実視される現代、ますます高齢化.少子化の減少は歯止めがかからず、後継者もいない人が増え自分が死んだあとの身のほどこし方を、経済的負担の少ない直葬で終わらせる方が増えることになると思います。